炎症・感染

急性膀胱炎

急性膀胱炎 膀胱内に菌が入り込み、膀胱粘膜で炎症を起こします。

尿道が短い女性に多く見られ、症状は頻尿・血尿・残尿感・排尿痛などです。原因となる菌は大腸菌など通常存在する菌がほとんどです。

飲み薬で治療します。また、日頃から水をしっかり飲み、排尿を我慢しないことが、予防および早期治療に有効です。


【コラム】女性に多い膀胱炎~泌尿器科に行くべき?それとも内科?

泌尿器科の病気の中で女性に一番多いのが膀胱炎です。しかし、泌尿器科はなんとなく恥ずかしく内科を受診する方が多く見受けられます。

軽度の膀胱炎であれば内科で処方される薬だけで治る場合がありますが、薬が効かない・原因が他にあったなどの場合は間違った治療を続け症状を悪化させてしまう可能性があります。

このようなケースを避けるため、最初から泌尿器科を受診いただき、詳しい検査をされることをおすすめします。

性行為感染症(STI)

淋菌・クラミジア感染症
男性は尿道炎、女性は膣炎として発症します。症状は頻尿、排尿痛、残尿感などです。起因菌を尿検査、分泌物の検査で診断し治療します。女性は自覚症状がないまま菌を持っていることもあり、治療せずにほっておくことで卵管炎となって不妊の原因となることもあります。また、近年薬の効きにくい耐性菌が増加していますので、しっかりとした診断と治療が大切です。

尖圭コンジローマ
ウィルスによるイボです。塗り薬による治療、外科的切除、病変の大きさや経過にて両方を組み合わせることもあります。

結石

尿路結石

日本人100人中1~2人がなると言われており、患者さんが多い疾患です。

腎臓からの尿の流れを石がふせぐことで疝痛発作(周期的にくり返されるお腹の痛み)を起こします。一時的なものですぐに排石する方が多いですが、再発も多い疾患です。

石の成分は数種類あり、それぞれに対応した再発予防と定期検査が大事です。自然に出ない石は手術での砕石を行います。